ホーム > 国内交流 > 夏休み
 
2019年の募集を締め切りました。
2019年 夏休み 国内交流プログラム
 
実施回数
プログラム名
対象・定員
期間
第40回
小3〜小6
100名
7月30日(火)〜8月3日(土)
第8回
小3〜中3
25名
8月16日(金)〜8月22日(木)
(一部地域は、8/15〜22)
第2回
小3〜中2
20名
7月24日(水)〜7月26日(金)
第1回
中2〜高2
20名
8月5日(月)〜8月8日(木)
このプログラムは、富士山の麓の自然豊かな朝霧高原のキャンプ場で、全国から集まる青少年(日本人、在日外国人も募集)が、キャンプ生活や富士山登山などの野外活動を共にしながら、仲間と協力し助け合う楽しさ、大切さを学ぶことを目的としています。自分たちの力で火をおこし、薪を割り、食事を付くことや、テントでの生活など、不便な環境の中でも「生き抜く力」を身につけてほしいと考えています。
富士山登山をはじめ、豊かな自然の中でレクリエーションや、ワイドゲーム、料理作りにチャレンジなど楽しいアウトドア体験が盛りだくさんです。
小3〜小6
7月30日(火)〜8月3日(土)
7月5日(金)
100名(日本人70名、外国人30名)
パンフレットをご覧ください
静岡県立朝霧野外活動センタ−
写真ライブラリ
感想文ライブラリ
青少年国際交流キャンプ2019
  
キャンプ場http://asagiri.camping.or.jp/
富士登山(富士宮口)http://www.fuji-tozan.com/
富士登山協力登山家山岳ガイド 保科雅則
 
『小笠原アドベンチャースクール』は、2011年世界自然遺産に登録されました東京から約1,000km離れた小笠原諸島父島を舞台に、全国から子ども達が参加し、様々な野外活動を体験する青少年育成事業(野外活動体験)です。
 小笠原諸島は、豊かな自然に恵まれ島の生き物たちも独自の進化をとげ、特別な固有種がいることで知られています。その父島のジャングルに囲まれたバンガローで生活を共にしながら、日中は野外活動プログラムとして、サンゴ礁が発達したエメラルドグリーンの海でシュノーケリングやシーカヤックなどを体験したり、自然豊かな島内をトレッキングハイクしたり、ウミガメの飼育保護活動を体験します。夜には、島特有の動植物(オガサワラオオコウモリ、グリーンペペ)を観察したり、満点の星座観察をしたり、自分達で食事を作ったりなど、様々な体験をします。そして、小笠原の美しい自然の中で、初めて出会った仲間と助け合う楽しさや大切さを学び、友情を深め、積極的に自分から“チャレンジする”その一歩を踏み出してもらいたいと考えています。
 今度の夏休みは、今まで体験した事のない一生の思い出に残る楽しい体験をして、沢山のお友達を作りに世界自然遺産の島『小笠原諸島』に行きませんか?
小3〜中3
8月16日(金)〜8月22日(木)
7月19日(金)
20名
パンフレットをご覧ください
東京都小笠原村父島
小笠原アドベンチャースクール2019
  
  
  
小笠原観光協会http://www.ogasawaramura.com/
 
 『イングリッシュ キャンプ』は、本会が永年培ってきた野外活動の実績とノウハウを活かし、学校や塾などの座学形式での英語教育ではなく、自然豊かな環境の中で様々な野外活動を通して、生きた英語を楽しく学ぶ事は、国内野外活動実践型 英語研修プログラムです。子どもたちにとって、より楽しく英語に触れ、どうのように表現するのかを体験の中で学ぶ、とても良い機会です。さらに全国から参加する仲間たちと共同生活、共通体験を通じて、共に考え工夫し、助け合いながら、人を思いやる心、忍耐力を養う事を目的とします。
 初級編(小3〜中2)と上級編(中2〜高2)があります。
Point1 日本にいながら本場の英語を体験!
  インストラクターは、カナダやイギリス出身のイングリッシュ・スピーカー。
  アウトドア体験や自然の中でのゲームを通じて生きた英語を学びます。
Point2 『英語は、あんまり話せない…』でも、大丈夫!
  アウトドア体験の中で、言葉と同時に動きを通じて英語を学びます。
  また、バイリンガルのインストラクターが日本語でのサポートもしていきます。
Point3 リーダーが24時間サポート
出発地から到着地まで当会のリーダーが全面サポートします。
初級編(小3〜中2) 上級編(中2〜高2)





初級編
7月24日(水)〜7月26日(金)2泊3日
上級編
8月5日(月)〜8月8日(木) 3泊4日



初級編  7月5日(金)
上級編  7月10日(水)
20名(最少催行人員 10名)
パンフレットをご覧ください
長野県白馬村、青木湖
初級編 上級編
  
 

このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をKSKKの了承なく複製、使用することを禁じます。