ホーム > 実施プログラム
 
 
実施事業・プログラムの特色
  
 
海外研修交流事業の特色
 
 海外の生活習慣や言葉、食文化をより深く、効率的に体得できるように、ホームステイを取り入れています(フィリピン・ネパールを除く)。
 バラエティ豊かなプログラム内容:諸外国の学生と一緒に英語を学びながら、英語のスキルアップを目指すための「英語研修」、現地の青少年の学校に一緒に通学体験をしながら、同世代の考え方や生活習慣を学ぶ「スクール体験」、キャンプや野外活動を体験する「自然体験」など希望に合ったプログラムを選択できます。
 18歳以上の方は、語学留学プログラムをご用意しております。
 
 
国内交流事業の特色
 
 国内で実施される「国際交流プログラム」と「野外活動体験プログラム」の2つに分かれます。
国際交流プログラムは、日本国内での外国人青少年との交流です。「海外に行くのはまだ」とお考えの方にも国際交流を体験いただくことを目的とし、企画・実施をしています。難しいプログラムではなく、遊びを通して互いを知り合うことが大切な要素となっています。
 野外活動体験の特徴は少しハードであるということです。ただ野外で活動するのではなく、他では味わうことができない自己に対する達成感を味わうことができる活動が中心です。又、年間を通して、活動に初めて参加するお子様を対象とした、1泊2日の事業もご用意しています。
 お子様の成長に合わせ、体験に挑戦できるよう、全体が構成されています。
 
 
語学留学プログラム(18才以上)の特色
 
 「外国でもっと活動してみたい。将来国際社会で活躍したい。でも、語学力が・・・」と言う人のために、本会が派遣先として協力をいただいている語学学校での研修のお手伝いをしています。
これは、本会のプログラムではなく、各学校が独自に実施しているプログラムをわかりやすくお知らせするものです。入学手続き、ホームステイのお願い等わかりにくい手続きをサポートします。
 留学期間は1週間から自由に選ぶことができます。
  
 
その他のプログラム
 
 1. 外国青少年の日本招致 毎年、シンガポールの中学生(5月)、オーストラリアの高校生(9月)、サイパンの小学生(10月)が来日し、日本でホームステイをしながら日本の生活を体験します。彼らは本会が実施する海外研修の受け入れ先家庭の青少年でもあり、相互交流プログラムとしておこなっています。

2. ワークショップ(海外ボランティア) 本会では「山本和子基金」の協力を得て基金が建てた学校や周辺の学校で「ボランティア ワークショップ」を不定期に実施しています。活動の内容はその時々によって異なりますが、校舎・校庭の整備・補修、小学生との交流活動をホームステイをしながら行っています。

3. 中・高校生への留学紹介 本会が夏休みに交流しているオーストラリアの学校が、留学生の受け入れを行っています。30年以上の相互交流をしており、本会としても安心して紹介ができる学校です。こちらは「紹介」ですので「留学代行手続き」は保護者の方が行います。
  
 
*事業の企画・運営・手配
上記事業は協会が企画・運営いたしますが、旅行(移動・宿泊先等)の手配は協会が選定した国内・外の旅行会社、現地協力先が取り行います。
*プログラム内容の変更
現地受け入れ先の事情、手配先の都合により掲載しているプログラム(行程を含む)が変更となる場合があります。
 
 
このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部をKSKKの了承なく複製、使用することを禁じます。